FAQ <質問>

開業資金について

開業に際して、自己資金がなくても借入はできますか?

借入は可能です。ただし、しっかりとした開業後のビジョンと事前の様々なデータに基づいた事業計画が必要です。

開業に際しておおよそどれくらいの資金が必要ですか?

診療科目とどのような診療を行われるかによって大きく変わってきます。
また、戸建開業やテナント開業、駅前や郊外によっても変わってきます。
特殊な診療を行わない一般的なテナント開業の場合の目安(運転資金込)は次の通りです。
内  科 5,000~8,000万円
整形外科 7,000~1億円
婦人科  7,000~1億円
眼科   7,000~1億円※オペなし
精神科  3,000~4,000万円
皮膚科  3,000~5,000万円
小児科  4,000~6,000万円

住宅ローンがありますが、問題はありませんか?

影響がないわけではありません。高額な住宅ローンであり、また、毎月の返済額が高額な場合、
開業後の収入から返済が可能かどうかが問題になります。
そのため、高額な場合は開業後しばらくは貯蓄から返済が可能であったり、
副業などの収入で返済が可能であれば問題はありません。

開業後に計画通り収益が上がらなかった場合、追加で融資は受けられますか?

開業後の融資は実績に基づくため、難しい場合があります。
ただし、国や地方公共団体による制度融資や日本政策金融公庫などの公的な機関であれば
融資が受けられる可能性は高まります。

銀行に資金が借りられるかどうかを打診するのは何時頃からすれば良いのでしょうか?

資金調達は全ての計画の基となります。従いまして、最初になりますが、全くの根拠がないと審査ができません。
多くの場合は、開業候補地が決まって、その物件と仮契約をした段階で銀行に打診します。
その際には、内装工事や購入予定の医療機器の簡易見積りも業者に準備していただき、
それらを基に事業計画を策定して、金融機関に打診します。
回答にはおおよそ2週間~1ヶ月ほどかかります。

開業物件について

開業を考えていますが物件情報の収集方法を教えてください。

昨今、開業用の不動産情報についてはWEBサイトなどで手軽に情報収集できます。
ただ、掲載されている物件については建築が決まっている建物、計画中の建物など様々です。
物件選定については開業準備に慣れている開業関連業者、開業コンサルなどにご相談をお勧めします。
その際、コンサル契約の有無、有償無償のご確認を合わせて行ってください。

開業地を選定するポイントを教えてください。

開業地が特定できると不動産に関する条件が確定します。建築、内装などについても想定のコストを算出することができます。
税理士や開業コンサルに依頼し事業計画の作成をしてください。合わせて競合医院の調査、周辺の調査など診療圏調査を行い想定できる売上を算出します。
開業資金を銀行調達でお考えの場合は、不動産の契約前に銀行などの融資のお申し込みをし審査の決定をもって不動産の契約を実施ください。

開業の支援する会社の選定のポイントを教えてください。

新規開業準備について会社として個人としてどれだけ係ったことがあるかが重要になります。科目ごとにばらつきもあるので確認が必要です。
業務の範囲や費用(コンサル料)の額、支払う時期なども必ずご確認ください。

開業形態について

開業形態について

開業形態について メディカルオプティマイザー

保険について

開業に際して加入しておく保険種類は何ですか?

火災保険・医師賠償責任保険は開業時前に加入手続きを済ませておくことが必須となるかと思います。そのほかにリスクに応じて、損害保険に関しては借家人賠償責任保険・休業補償保険・所得補償保険 ・使用者賠償責任保険・雇用関連賠償責任保険・サイバー保険など、生命保険に関しては開業時借入等に対しての生命保険・収入保障保険を備えておく必要がある場合があります。

地震保険はクリニックで加入できますか?

住居併用物件(自己所有)でなければ事業用物件に関しては原則加入できません。そのため地震の際のリスクを踏まえ事業計画や資産運用計画をしていくことをお勧めします。

台風(風災)や水災の場合は火災保険では対応できますか?

加入保険会社・加入プランによって異なります。ご契約内容によって補償内容の種類も異なり、基本的な火災等のみの補償で風災・水災等が保障されていない場合がございます。

また、免責金額や浸水時の支払い条件なども異なる場合がある為、確認が必要となります。医療機器等の設備什器も同様となります。

ホームページについて

ホームページの製作期間はどのくらいですか?

サイトの規模(ページ数)にもよりますが、新規開業クリニック様の平均10ページ以内ですと、データーがしっかりそろって頂けてから約1か月~1か月半で納品可能です。(お客様の変更修正等が少ない場合です)

ホームページは必要ですか?

はい。今の時代ホームページは必要不可欠です。

患者様は、ホームページを見て他のクリニックと比較検証します。自分に合うクリニックを見つけるためにです。

しかし、ホームページがないとその比較検証のテーブルにもつけないので、実質「新患」を逃すことにつながります。

人気のアプリについて

情報発信型アプリはAppleとAndroid両方に対応していますか?

はい。Apple及びAndroid両方に対応した作りとなっています。

操作も簡単にできるCMS機能となっていますので初心者の方でも簡単に使いこなせるのが特徴です

アプリでキャンペーンや割引が表示できるのは本当ですか?

はい。表示可能です。

医療広告ガイドラインの中で「自らの意思でダウンロードするもの」に該当します。またインターネット上に情報があるわけではないので不特定多数に見られないようにもなっているので、アプリは除外となっています。(保健所2箇所に確認取っています 2018年8月)